表面改質技術

surface reforming technical

相楽工業株式会社では物理的な表面改質を行うために、
SRX CORT(エスアールエックスコート) PLASMA CORT(プラズマコート)などがあります。
例えば、TiCN(三層コーティング)。耐磨耗・耐溶着機能でダイスライフの延命、引抜き速度の改善などができます。
SRX CORT ~エスアールエックスコート~ SRXコートは、TiCNコーティングの効果を最大限に引き出すために、
素材・工程・潤滑・超硬マトリックス・ダイス形状を一貫して考える
工具管理システムの名称です。
コーティングというハードな技術を、お届けしていますが下地となるダイスには
ソフト的な準備をしています。

コストダウン+品質向上のコーティングは一回だけの使い捨て技術ではありません!
一般的なTiCN(CVD三層コーティング)の場合は、
許容範囲内で何度でも再コーティングできます。
比 較 項 目 一般ダイス (当社製) SRXコーティング
イニシャルコスト 基準値1 (1.1~1.7)
再コーティング 基準値1 (1.1~1.7)に対して×1.2
ダイスライフ 基準値1 (1.5~数倍)
利 点 1.ダイスの交換による無駄な要素が軽減されます。(生産の中断によるロスや間接費)
2.耐溶着性能が高く、高減面塑性や伸線速度の改善ができます。
3.予備ダイスが削減されます。
4.再コーティングができます。
5.パススケジュールなどを変えられます。
欠 点 7μ程度の範囲で不確定要素を持つため、公差レンジ10μ以下の製品には不向きです。
納 期 2週間以内が基準 同じく2週間以内が基準です。
PLASMA CORT ~プラズマコート~ 超硬によるコーティング層が形成できます。 超硬プラズマコート( WC-Co Plasma-Coating ) 金属表面を超硬被膜で改質する技術です。超硬表面への被膜もOKです。 超硬プラズマコート の目的とは
金属の場合・・・硬度改質、耐磨耗性の向上、溶着防止、酸化防止、腐食防止 潤滑環境改善、無潤滑環境機能対応、点接触摩擦環境対応など。
超硬の場合・・・表面の摩擦環境改善、グリップ性の改善など。 自由自在のコーティングで 必要な個所に、必要な面積を、ご希望のレイアウトで被覆できます。 コーティング層の厚さは、10μ~20μの範囲が基準です。材質やワークの形状・状態によって多少異なった結果となります。 鏡面仕上げが目的なら不向きで、処理後の面は、滑らかな凹凸状態となります。従って、鏡面加工をする場合は、凹凸面の凸面だけをLPすることになります。
プラズマコート メッキ 溶射 CVD PVD TD 窒化
熱変化 × × × ×
密着性 ×
部分処理 × ×
処理費 × × ×